2009年10月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2009/10/15 こびと are From・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こびと are From・・・

前回の記事以降、歯を銭に変えて貰おうという守銭奴丸出しの野望を断念したぴーぽこ。再び天然石で満足するようになった。

以後、抜けた歯を、こびとさんへのプレゼント用のアーモンド数粒と一緒に包み、手紙を添えて枕元に置くのがぴーぽこにとっての定番スタイルとなったのだが、その手紙の内容に変化が起きた。

これまでは、こびとさんに対して「だいすきだよ」や「ありがとう」といった内容に終始していた。が、今回の手紙はこうだ。

「こびとさんはどこからきてるんですか!
わたしはふしぎです。」


(ぴーぽこの手紙より、無許可で抜粋)

「!」マークときた。ここは「?」だろ、とも思うが、まぁ、それは置いといて。

この一文から、ぴーぽこが世界に対して独立しつつある、という事が読み取れる。
シュタイナー教育では、七歳までの子供は世界と一体である、とされる。
お母さんやお父さん、猫や蝶、コスモスもローズクォーツも、雲や星々さえも、それらは子供にとって「別の存在」なのではない。

それが、七歳以降、ゆっくりと「世界」と「自分」が離れてゆき、およそ九歳前後で「自分」と「外界」との区別が明瞭になる。これが、シュタイナー教育で云うところの「ルビコン世代」であり、創世記でアダムとエヴァが楽園を離れ、神々から独立した存在になった事件とも関連する年代でもあるのだ。
これまで生きていたファンタジーの世界から離れ、サンタさんや妖精、天使などを、「ほんとにいるのかな?」と疑い出したり、「そんなものいないよ!」と否定し出すのが、概ねこの年頃である。

ぴーぽこにとって、これまで「こびとさん」とは深く繋がっていた。だから「だいすき」なのだ。
流石にぴーぽこは、まだこうした存在に疑いは抱いていないものの、これまで密接だったこびとさんとの間に距離が生じた。つまり、「自分とこびとは別の存在」という意識が、これまでよりも明瞭化したから、「どこから来るんだろう?」という問いが湧いたのではないか。

また、「ふしぎ」という抽象的な言葉が身に付いているのも興味深い。勿論これまでも「ふしぎ」という単語は知っていたし、会話の中で使ってもいた。
期せずして、前の月、夜のお祈りの後で金子みすゞの「ふしぎ」という詩を暗誦していたぴーぽこ。
恐らく、本当に心の底から「不思議!」という感情が湧き上がった、初めての体験かもしれない。それが文面から伝わって来る様であった。

さて、手紙の返事を書かねばならない。これは私が書くというより、あくまでこびとさんの「代筆」である。

こびとさん達は、何処から来るのか。
森の洞穴だろうか。庭やベランダの植木鉢の陰だろうか。それとも居間に飾っている水晶の中だろうか。
大人がファンタジーの力を動員して、あれこれ想像を巡らすのは、子供にとっても良い作用を生むだろう。

この、「何処から来るか」という問いについて、シュタイナーは講演の中で興味深い事を語っているので、一部抜粋したい。
尚、文中に耳慣れぬ用語が出てくるが、平たく云えば「四大存在」とは「妖精(元素霊)」、「高次のヒエラルキア存在」とは「天使」を指す。

「四大存在や高次のヒエラルキア存在はどこにいるのでしょうか。それらの存在は、ここにいるのです。このいたるところにいるのです。テーブルや椅子のあるところ、皆さん自身のいらっしゃるところ、そのいたるところにいるのです。しかし外界の事物や経過にくらべると、それらの存在は希薄で不確かですので、人間の注意の眼を逃れているのです」
 R.シュタイナー 『内面への旅』 (訳:高橋巌、筑摩書房刊)より

これを踏まえて、「私達小人はぴーぽこちゃんの近くにいつもいて、見守っている」という内容のお返事を、代筆した。

翌朝、抜けた乳歯が変容した天然石と、こびとさんからの返事を見て、嬉しそうなぴーぽこ。それでも少しずつ「こびとさんの世界」から「現実世界~感覚世界~」へと降りてきつつある。

ところでぴーぽこからの手紙、最後に、いかにもヴァルドルフの子供らしい絵で、綺麗な色彩のこびとさん達が、色鉛筆で可愛く描かれていた。
曰く、

「(こびとさん達の)えをかいてあ・げ・る・

(ぴーぽこの手紙より、無許可で抜粋)

何だ、「あ・げ・る・」って。こんな表記法、何処で覚えた?

・・・オマエは 小・悪・魔・か?




~~~~~σ.σ~~~~~σ.σ~~~~~σ.σ~~~~~

★コメントの表示を承認制にしましたので、反映に時間がかかる事があります。御了承下さい。


ブログランキング
乙女への励まし代わりに↓をクリック
σ.σ
ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらも↓
b_04.gif
スポンサーサイト

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。