HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>家庭でシュタイナー

ジャンク食って食語り

仕事の締め切り間近の日曜日、妻・みぽちはパート。家には私と娘・ぴーぽこの二人。
通常、こういう時は当然私が昼食を作るのだが、この日は追い込みの時とあって、仕事に必要なコピーをとりに行ったついでに某ファーストフードのクーポンでハンバーガーのセットを買って来る。

ぴーぽこは狂喜乱舞、バーガーごときでここまで盛り上がるとは、安っぽいことおびただしい。
ジャンクなフードもたまには良いか、と思いつつの選択ではあったが、実際に食卓でテイクアウトのバーガーセットを広げてみると、改めてこれが最悪の部類に属する食事である事を感じた。

フライドポテトと、安いハンバーガー。

まずはポテト。
シュタイナーは、ジャガイモについて、極めて酷評を下している。

植物の根は、人間の頭部に当たる。大地のミネラルを吸収した根菜は、人間の頭部に働きかける。
が、ジャガイモは一見根菜のようでありながら、実は茎である。つまり根になりきれていない茎、という事で、頭部に何ら働きかける事が無い上、根菜的な茎は人間にとっては消化しにくいと云う。

また、ジャガイモに大量に含まれるデンプン質を処理する為に中脳が過度に働くので、思考力が弱まるそうだ。
無論、ジャガイモを食べるや否や、突然うつけ者になって、「♪昨日と~ちゃんと寝ッたとッきに 変なとッころ~にイモがある と~ちゃんこのイモなんのイモ?」などと猥歌を歌いだす訳ではないが、熱心な人智学者の中にはジャガイモを食べない人も多いそうだ。

最近までドイツで教鞭を執っていたオイリュトミー教師の風姿花伝先生(仮名)先生も、ジャガイモを食べないとの噂。やはり人智学的立場から食べないのかと思い、直接伺ってみたところ、
「いえ、私、もともとジャガイモが嫌いなんです」
・・・単に好みの問題だった模様。

もっともシュタイナーは、ジャガイモ食をドグマ的に禁止してはいないし、一説では今の品種改良されたジャガイモは、シュタイナーの頃の原始的ジャガイモほど有害ではないとも云う。
いずれにせよ、私自身はジャガイモが大好物なので、控えめに食べる程度に留めようと思いつつ、ジャンクなフライドポテト・Mサイズを完食せずにはいられない。

さて、ポテトはまだ良いとして、問題は「安い」ハンバーガーである。

牛牧場や、その飼料となる大豆畑の土地確保の為、熱帯雨林が伐採されている、という事実。つまり大量生産のハンバーガーが、環境破壊に一役買っている訳だ。

森林を伐採して、広大な牧草地を作る、その時点で森林の木々や虫、動物、精霊といったものが行き場を失い、生態系が狂う。
また、牛のゲップやフンに大量に含まれるメタンガスが地球温暖化の一因であるのも有名だ。そして、そのメタンを吸収する森林土壌がそこから消滅しているという悪循環。

無論、熱帯雨林伐採理由は色々あり、過剰な焼き畑農業の為であったり(昔は自然の回復と調和が取れていたが、最近は明らかに自然の回復速度を超えた規模で行われているそうだ)、また最近はバイオ燃料の原料(アブラヤシ等)植樹の為、森林を伐採するという、本末転倒な事も行われている。

紙のリサイクルも大事だろうが、こと熱帯雨林にのみ限って云うと、伐採された木々のうち、パルプの原料になるのは全体のごく僅かだそうだ。確かに紙のリサイクルによって、オーストラリアの原生林等は保護出来るだろうが、漠然と熱帯雨林全体が保護出来ると思い込むのは間違いであろう。
それより大量生産バーガーを消費しない事の方が重要ではないか。

かつて「某バーガーチェーンの肉は、食用ミミズ」という都市伝説があったが、養殖食用ミミズの方がまだしも環境には良い。

私はハンバーガー全体を否定している訳ではない。環境を破壊してまで大量生産と大量消費を繰り返す必要は無いのではないか、と思うだけである。

ぴーぽこが通うシュタイナー学校の、上級生母・紅葉さん(仮名)は、自然育児で育った為、幼い頃からジャンクフードを食べさせて貰えなかったそうだ。
その反動で、長じてからジャンクバーガー等を食べまくった時期もあったそうだが、今はやはり幼い頃の味覚に戻り、ジャンクフードを食べさせなかった母に感謝していると云う。

私もぴーぽこにジャンクバーガーを食らわせている場合ではない。今後ぴーぽこがハンバーガーを食べたいなどと云い出したら、パンと挽肉を買って来て、せめて自家製バーガーでも作ってやる事にしよう。

さて、上記の「大量生産バーガーが環境を破壊する」という、風が吹いたら桶屋が儲かる式の理論をぴーぽこに理解させしむるのは時期尚早であろう。
シュタイナー学校では、物事の因果関係が理解出来るようになる七、八年生頃に、産業革命について取り組む。大量生産バーガーと環境の因果関係も、この頃になってから教えようという話を妻・みぽちにしたところ、彼女は果敢にも七歳児にこれを教えようと試み出した。

ジャンクバーガーが美味しいと云い張るぴーぽこに対し、

妻:「それは不自然な調味料を使っているから・・・」

ぴ:ふしぜんって、な~に?」

妻:「・・・自然じゃないってこと!」

私、内心:(そのまんま・・・)

妻:「自然じゃない味付けをしてるから、舌が麻痺して・・・」

ぴ:まひって、な~に?」

万事この調子である。話が森林伐採に及ぶと、

妻:「森が無くなると、そこに棲む動物達が・・・」

ぴ:「きつね!うさぎ!たぬき!」

私、内心:(得意げに羅列してどうする?第一それじゃ、熱帯雨林というより、日本の森だっての)

ぴ:「くま!」

私、内心:(まだ云うか・・・)

妻:「・・・そうだね、それからオランウータンとかね」

ぴ:「オランウータン?・・・・・・!!」

不意に動物園で見たオランウータンを思い出し、

淡々とオランウータンのモノマネを始めるぴーぽこ。

だから、七歳児に難しい説明は無理だって。


ブログランキング
乙女への励まし代わりに↓をクリック
σ.σ
ブログランキング・にほんブログ村へ
b_04.gif
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akiotome.blog123.fc2.com/tb.php/36-48bd9965

コメント

は~い、あたしよ
毎度毎度、会議の度にM家のハンバーガーセットをおっぴろげて、食っているのは私です。
自然破壊だけではありません。かのM家の精肉会社は違法移民を雇って、塩酸で台を消毒させ、肉の裁断で指を切り落としても保証もせず、使い捨てと有名です。先ほどは日本でも店長の過酷な状況が裁判になってましたねえ。
とわかりつつ、っくっちまうんだ、これ。
今度からコンビニのおやつにするわ(=あんまりかわらんやんか!)
はっきりゆーと、単純にマ○クは不味い。
うちが食べないのはただそれだけよん。
関係ないけどブログはじめますた。
http://blogs.yahoo.co.jp/aipyoncoccolove/folder/867742.html?m=l
まあ、ぶっちゃけ爆笑メンタル日記なんだけど、お暇な時にどーぞ♪
>ミニョンの母さん
ハンバーガーセットをおっぴろげて食っている貴女の隣で、お裾分けを頂いているのは私です。σ.σ
まぁ、2週間に一回ぐらいはいいんじゃない?^^取り敢えず月一回に減らしてみるとか^^
それにしても、そんな非道い内情とは・・・ビッグ○ックポリス(最近見ないけど)は、内部を取り締まりなさい!
私もコンビニで安いスィーツ買ってたけど、会議の日はタッパーで自家製ゼリーでも作って持って行こうかと画策中ですよ^^

>あいぴょんぴょん
妻・みぽちも「不味い」派です。私はクーポンがある時、値段に負けて食べたくなるかな^^;ビーフのバーガーではなくポークやエビのバーガーをチョイスするのが、せめてもの抵抗。あんまり意味無いけど(--;
ブログねぇ、丁度あいぴょんが立ち上げた頃、仕事でパソから遠ざかったので、ちょこっとお邪魔したっきりでした。またちょくちょく伺うね~^^
じゃがいもですか~
ここでじゃがいもは食べない!と言っていたワーカーがいて、最近本をよんで納得です。
「健康と食事」にも前置きに
これを食するとこういう効果があると述べているだけで禁止しているわけではありませんみたいなこと書いてありましたし、好きだったら食べてもいいと思いますよ(笑)
私はマ○○もじゃがいもも幼いころに食べ過ぎて
今はほとんど食べません

>なちぶーひとみさん
ドグマ的に禁止していないところが、シュタイナーの良さですよね。ジャガイモについて述べた上、食べるかどうかはそれぞれの判断に委ねる、という^^
ジャガイモを食べると唯物思考になりがちな傾向があるそうなので、夢見がちというか地に足が付いていない私などはむしろ食べた方がいいかも知れません^^;
>幼いころに食べ過ぎて
それに馴れなかったのはすごいですね^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。